子どもにも私立小学校の受験の意味を話して聞かせる

小学校から私立へ進学させたいと考えている親御さんにとって、小学校のお受験は親がしっかり頑張らないといけないものだといえます。なんといっても子供はまだ5歳、それなりにしっかりしてきたとはいうものの、受験というものについて完全に理解しているとは言えないのが本当のところでしょう。とはいえ、幼いなりに他の子どもたちとは違うということは、しっかり認識していると考えられます。他の子どもたちがしないことを自分はするということに対して、拒絶感を抱くか、それとも優越感を抱くかは親の言動次第でしょう。なぜみんなが行く小学校ではなく、違うところに行くことになるのか、そしてそれにはどういう意味があるのか、たとえ相手が子供でも真剣に向き合い、話して聞かせる必要があります。私立小学校の受験で行われることの多くが、話を聞いて答えることになる以上、かなり重要だといえます。

子供に私立小学校受験の意味を話すのは

まだ幼い子供に、なぜ私立小学校を受験する必要があるのかを説いたところで、なかなか理解してもらえないから、特に話す必要はないと思っている親御さんもいるかもしれません。けれど、子供は子供なりに自分の周りで起こる出来事について、考えを持っていることが多く、話して聞かせることできちんと理解できることがよくあります。まだ幼いから話してもわからないだろうではなく、わかる範囲で話して聞かせることが重要です。そうすることで、幼いながらもなぜ小学校から受験をする必要があるのかを理解するでしょう。もしかすると、どんなことをするのかと不安を感じているかもしれません。それを親がきちんと話してくれたら、そこは子どもの純粋さや単純な思考回路から、不安が吹き飛んで、あっさりと私立小学校の受験に臨める可能性が高くなります。

子供に私立小学校受験を話して聞かせるなら

親にとって、子供を私立小学校に進学させる理由はいろいろあると思われます。親の社会的な立場から、ステイタスを考えて進学させることもあるでしょう。あるいは、経済的に余裕があることから、できるだけ子供にレベルの高い教育環境を整えてやりたいという親心かもしれません。いずれにしても、子供にとっては幼稚園まで一緒だった家の近くの子供たちと離れ、自分だけが違うところへ行こうとすることに多少なりとも不安を感じていると思われます。それをどのように理解させるかは、親の裁量です。ステイタスを強調しすぎるのもいけませんし、かといって選ばれた子であると誤解させるのもよくないでしょう。市立小学校が私立小学校よりも劣るといった言い方も語弊がありますので、あくまでもよりよい環境でしっかり勉強できるようにするために受験をするという話の持って行き方がベストだと思われます。

伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 私立小学校の受験を考えたらこちら