私立小学校の受験、その魅力

私立小学校の受験を目指す子供が増えています。少子化の中でも、学歴社会といえ、早い内に受験を経験させておきたいという親の希望もあります。私立小学校に入ることができれば、メリットは沢山あります。教師の移動が少ないことで教育方法が変わることもありませんし、型にはめない教育となり、子供の個性を最大限に伸ばしてもらえます。また、内部試験だけで大学までそのまま行けることがあります。この点は嬉しいところですし、合格さえできれば、学ぶ環境が整い、将来も明るくなります。一緒に合格した仲間との付き合いも長くなります。このことは大きな財産となり、一生の友人になれたり、お互いが刺激となり、学力の向上にも繋がります。基本的にこの段階では、人数も少なく、合格するためには良い時期といわれています。早すぎることは全然ありません。

私立小学校受験の対策

私立小学校は、そもそも対策が非常に難しいです。なぜなら中学や高校、大学などの受験対策とは違うものだからです。小学校に入る前のこどもたちに、例えば方程式を解かせるなんて無理な話です。ですから、学力調査をすることはまずありえません。では何をもって合格を決めるのでしょうか。私立小学校受験では、人間性と賢さが問われます。まず人間性についてですが、これは明るく活発な子が選ばれる傾向にあります。やんちゃな子にはマイナスのイメージがつきそうですが、実はむしろプラスのポイントになります。そして賢さについてです。賢さ、というのは例えば図形の才能などです。平面図形や立体図形など、これらは努力による習得が極めて難しく、幼いころからの素養がのちに大きくかかわってきます。つまり、私立小学校受験の対策としては勉強よりも小さいころから前述した二つを大切になさったほうが良いです。

私立小学校の受験日の服装は校風に合わせる

私立小学校の受験では、校風によって好まれる服装が違うことを念頭に置いて決めるのがベストです。子供の服装はもちろん、保護者の服装も志望校の校風に合わせて選ぶと良いでしょう。例えばキリスト教系の学校は、全体に華やか過ぎない服装がおすすめです。髪留めも黒で、装飾のない物にするなどの工夫をすると良いでしょう。特に規律を重視するキリスト教系の学校では、全体に質素な服装の方が学校の雰囲気に馴染むでしょう。母親のメイクも、服装に合わせます。一方で自由な校風の学校では、キリスト教系より少し華やかさが加わっても問題ないでしょう。あらかじめ志望校の校風をよく調べ、服装の準備も早めに行うと安心です。特に複数校を受験する時は、各校風に合わせて当日の服装を変える必要があります。受験時の服装は、志望校の校風を考慮して決めましょう。